一夜明けて~暑さと虚脱感

臨時代表者会議の内容を報告した僕のブログには、100件を超える今までで最高のアクセスをいただいた。もっといい報告で注目されたかったが。

ひさびさに朝から照りつける太陽の暑さと昨日の会議の結果でなんとも今日はぐったり。

今回の事を通じて千葉のよさこいの実態がよくわかったような気がする。2004年に県内外合計38チームで行われたちばYOSAKOI2004、昨年2008年には77チームに拡大していた。その反面運営する側はむしろ特定の個人や企業に集約され、その内容も不透明なままだった。

ちばの「文化」になることを目指したはずのよさこいは5年ではまだ根付いていなかったのだ。それゆえ、一企業の担当や行政の長が変わったりしただけで、継続をしていく事が困難になってしまった。

僕ら千葉のチームはちばよさがどのように運営されているか、その内情も知ろうとせずに呑気に踊っていたわけだ。そのため最大の踊る場をなくしてしまうというしっぺ返しを食らう結果となった。

来年ほんとうにちばよさを復活させたければ、少なくとも千葉のチームの代表者はもっと運営に関わらなければならないだろう。情報公開を前提とした実行委員会を作って進めていくことも必要になるだろう。

そうして何より大事なのは、今年よりもさらに各チームが成長して、観客に感動を与えられなければ、ちばのよさこいは文化にはならないだろう。


“一夜明けて~暑さと虚脱感” への3件の返信

  1.  初めてここのブログを拝見致しました、裏方1号と申します。毎年ちばYOSAは何回か見物人として見させてもらってます。

     毎年、町をあげての凄いお祭りです。凄すぎてちょっと圧倒されるぐらいです。あそこまで大々的に開催されると反発も多いのでは?なんて思うぐらいです。

     それにしても、今年のちばYOSAが中止なんて寂しすぎます。私も、北海道の友人もちばYOSAが大好きで非常に困惑しています。
     誰がいけないじゃなく、Kさんもお客も参加者全員が我慢することが必要なときはあると思うし、妥協点は出てくると思う。地域に根ざし、自分に何ができるかを考えたい。

    そして、このお祭りをどんな形でも、どんな会場でも演舞させたいし、応援したいです。大々的でなくとも、幕張メッセとその周辺だけの会場にして一般客が少なくても、ちばYOSAが本当に好きなチームとお客だけでも良いじゃありませんか、どんな形でも何とか開催してほしいです。

     よろしくご検討ください。

  2. 裏方1号様>
    コメントありがとうございます。

    ちばよさを楽しみにしていてくれた観客の皆さんにさびしい思いをさせてしまうのは、出演者として参加していた僕もとてもくやしい気がします。
    本文にも書きましたが、今年はどんな形でも実施するのは大変厳しい状況だと思います。ただちばよさをただ踊り子の趣味だけで開催してしまっては、真の意味で千葉の文化として根ずくのはむずかしいでしょう。一度仕切り直して、千葉のよさこいを考え直すいい機会かもしれません。

    今年のちばよさはありませんが、千葉にはすばらしいよさこいのイベントがたくさんあります。鎌ヶ谷、木更津、銚子、小見川などなど、各チームは全力でそれらのイベントを目指して練習していますので、ぜひ応援よろしくお願いします。

  3.  お返事、ありがとうございます。

     そうですか、やはり開催は難しいようですか。当日のホテル等のキャンセルもしておきます。

     Yosakoiというお祭りが、千葉県の文化の一つとなる為に、考える事は少なからず今までにも議論されていたこととお察しいたします。
     このお祭りの起源は、そもそも祭るための神が無く、昭和29年、経済復興を目的とし、高知県が隣県徳島の約300年の歴史を持つ『阿波踊り』に負けないものを作ろうと、「市民祭」と「商店街の活性化」を兼ねてスタートしたお祭りで、それが北海道のソーラン節と融合され、独自に発展しました。そして、各地の思いや民謡、民族文化が加わって更に各地のYosakoi祭りに進化したことを偉い人には、理解できないのか!
     既にもう千葉の一つの文化でしょう。地域振興の一つでしょう。踊り子の人間形成の場でしょう。社交場でしょう。
     長い時を過ぎないと文化として認めてくれないのか?お金儲けできないと開催は出来ないのか?前回の知事を否定することがステイタスを守ることなのか?そうではないと思います。心の豊かさが文化を生み、文化が人を育ててくれるものだと私は思います。それを消すなんて、

     偉い人は頭も良いはずなのに理解してくれないなんて・・・

     継続は力なりとも申します。一度でも流れが途切れると復活させるのは、今まで以上の労力が必要となり並大抵の力では?といらぬ心配をしたりしてしまいます。

     理念を掲げ、地域振興課や商工会議所等々、地盤をじっくり固めて来年、楽しく開催できることを心より願います。

     千葉の各地のイベントをもう一度、応援のため調査見直しましょう。

       意見には個人差がありますので、不適切な表現があった場合、削除をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。