すばらしいMacBook

なんでも機械というものは、ショーケースで眺めたり店頭で触ったりするだけでは、本当のよさはなかなかわからないもんだ。

先日仕事用にアルミボディのMacBookを導入したことはもう報告したが、正直いままであまり期待していなかった分、使えば使うほどこのマシンのすばらしさがわかってきた。

十分な剛性をもったボディは、少々持ち運んでも全く歪むことがなく、力強さを感じる。キーボードはその間隔や打ったときの感触がベストで、自分のタイピングがうまくなったように感じるほどミスタイプが減った。LCDバックライトのディスプレイはちらつきがなく鮮明、小さな文字でもくっきりと写し出す。アップルならではのボディデザインは細部までこだわり、バッテリーケースをあけると、驚くほど美しいバッテリーとHDDを並んで見ることができる。HDDやファンはほとんど音がせず静かで快適。さらに、CPUパワーはCore2Duoの2Ghzなのでさほど高速とは言えないはずなのだが、いままで使ってきたVistaより遥かにきびきびと動作する。しかもグラフィック性能がいいためかFusionを使って起動してるWindowsソフトさえも高速に感じる。

このところiPhoneがあれば、もうPCはいらないかと考え始めていたが、ひさしぶりに物欲を刺激された。これはいい。

f:id:motomac:20090711002804j:image


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。