おゆみ野夏祭り

昨日はおゆみ野夏祭りに出演してきた。

一昨年に招待があり出演したので2年ぶりとなる。お隣の街なのですぐ近くなのだが、千葉市緑区は商店も多くすんでいる人もちはら台よりたくさんなので、お祭りも盛大だ。

僕らが感じたのは、まずスタッフの方々がすばらしいこと。車の誘導から演舞の会場をロープで確保してくれるたり、持ち込んだCDの音源もきちんとチェックしてくれたし、音だしのタイミングもちゃんと確認してくれた。なによりプログラムがきちんと時間通りに進行してくれるのはありがたい。

そして、僕らへの待遇のよさには感激した。更衣室として体育館をすべて確保してくれて、お弁当や飲み物も運んできてくれた。進行具合や出番の合図なども細かく知らせていただいたし、さらに会長さん自らごあいさつにきていただいて、お礼までいただいてしまった。至れり尽くせりで本当にいいお祭りだった。

舞ちはらはもちろん全力で演舞をしたのだが、先週の茂原の準備に重きを置いていたために、「勇輝」以外の演舞曲がちょっと甘く、練習不足がでた感じ。曲によって長半纏に着替えたりする演出もやってみたが、ドタバタ時間ばかりがかかるので、2ステージ目は中止。それはそれでよかったみたい。残念だったのがPAがあまりよくなく、音が聞こえずらかった。やぐら周りにPA用の電線が張ってあり旗士が踊り子の後ろに回れなかったのも残念。

それにしても、旗士が人気で、女の子たちと写真に収まっていたのはちょっぴりくやしい。(笑)

さて、次は親子三代夏祭り(8/17)だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。