ぼろい腕時計でサービスを学ぶ

2日ほど前に僕のぼろい腕時計が電池切れで止まってしまった。ALBAの安物でガラスには傷まで入っていてまったくさえない時計だが、別に壊れたわけでもないので電池交換をすることにした。

まず、船橋の某カメラ店へ。時計を見せるとろくに見もしないで、「これは防水性の高い時計となりますので、お預かりして約1週間かかります。代金は2650円です。」という。おいおい確かこの時計もそれくらいの値段したぞ。というか今の言い方は明らかにめんどくさいから帰れ的な言い方だったな。

あきらめて次の日は柏のビッグカメラへ、ここはちゃんと修理のコーナーがあり、料金表もちゃんと掲示されていた。「電池交換と防水検査をいたします。代金は1575円です。お時間4~50分かかりますが(閉店時間間際なので)明日のお渡しとなりますがよろしいですか?」と実にていねいなご案内。お願いして翌日とりにいくと、でき上がっていてなんと3ヶ月間の防水保証書までくれた。いや~いいお店だ。サービスというものの勉強をさせてもらった感じだ。

つい液晶テレビくらい買いたくなっちゃうね。ビッグカメラおそるべし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。