千葉国体開会式~わずか10分の完全燃焼

昨日はゆめ半島千葉国体の開会式演舞だった。

朝から台風の影響で大変な雨と風だったが、演舞時間の昼頃にはおさまり、青空が広がってきた。最後の練習でまたいくつかの変更があり、実際と同じ10分だけの時間で確認する。

そして、演舞一時間前の11:00メッセを出発し、マリンスタジアムへ移動。

途中、出演を終えた他の団体とすれ違うたびに、こんにちは、と挨拶をかわす。だんだんテンションが上がっていく。そして、入場口のセンターで演舞のフォーメーションで並んだ時みんなの気持ちはひとつになっていった。いままでの何度となく繰り返してきた練習を通じて、隣や前後のメンバーとはすっかり仲良くなっていた。12:05、踊り子の拍手の中、旗士が先に入場し最初の曲がスタートした。イントロのあと踊り子がワーッとフィールドになだれ込む。あとはもう無我夢中だった。雨に濡れた人工芝を踊りながら入場し、最初のポジションの目印を探す。

f:id:motomac:20100925114206j:imagef:id:motomac:20100925114219j:imagef:id:motomac:20100925120053j:image

「よさこい村」がスタート。力のかぎり叫んだ。果たして観客に届いているのだろうか?僕らの姿はどう見えているのか?でも、もうそんなことは途中からどうでもよくなって、ただみんなで踊ることが楽しくて仕方がなかった。

最後に「よさこい島」を踊りながらフィナーレ。灯火台の周りにみんなで集まり、観客に一礼して踊りながら退場した。僕は少しでも長くフィールドに居たくて、最後の最後まで観客に向けて鳴子を振った。

スタジアムを出たあと、周りのメンバーと握手をしたり、ハイタッチをしたりした。なんとも言えない達成感と終わってしまったことに対する寂しさで胸がいっぱいだった。ほんとこのわずか10分間の為だけに、ちばのよさこいチームのメンバー510名が振付を覚え、炎天下に何日も何時間も練習をしてきたのだ。こんな機会はもう2度としれない。僕はそんな機会に出会えることができて幸せだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。