不覚にもグッとくる

舞ちはらの週末練習。昨日は仕事で練習にでられずその仕上がりが気になっていた。

今日は日曜練習。発注してあった新しい鳴子が完成し、みんなに配布された。それを持ってのまずはステージバージョン。だいたい1回目の演舞はさほどたいしたことがないのだが、今回はちょっと違った。昨日の練習でかなり細かいところを繰り返しチェックしてもらったようで、動きがそろっている。声もよくでていて、見ていて迫力があった。演舞が終わったとき思わずグッとくるものがあった。細かいところでは、振りを間違えてる人がいたり気になるところはありつつも、いい仕上がりではなかろうか?

でも、ファイナルに残るとなると話は別だろう。まだまだ「魅せる」踊りにはなっていない。

さらに、パレード演舞はまだまだ未完成。今日も試行錯誤を続けながらやっと曲の半分ほどまできたが、まだ全貌が見えない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。