海幕祭!!!

昨日は舞ちはらにとって初めての海幕祭。

2007年の千葉のよさこいの幕開けともいえるこのイベントは千葉県内の16チームが、練習を重ねた今年の新作を披露する場だ。舞ちはらは曲も衣装も昨年とほぼ同じなので、新作といえるかどうか微妙かもしれないけど、いいさ!

振り付けも、立ち位置も、フォーメーションも見直してブラッシュアップしたんだ。これが2007年の舞ちはらの踊りだ。

会場の幕張メッセの第5ホールに入るとそのあまりの広さに圧倒される。マックワールドやモーターショーなどで何度もきているのだけど、改めて広さを実感する。(120m×60mだっけ?)

KANE氏を始め千葉のよさこい創始者たちはこのメッセの中で踊ることが念願だったそうだ。

午前中はこのメッセの中で各チームが順番に演舞を披露した。

その中で特に印象に残ったのは、やはり北天魁。先週常陸の国で大賞を受賞しただけあってその演舞は鳥肌がたった。波打つような動きそしてパワーはさすがだ。

そしてそれ以上の迫力だったのが市立船橋高校吹奏楽部だ。110名の踊り子の演舞はまさに圧巻。途中でリフトもあるし、おなじみのフラグも出てくるし、統一された動きや正確さは本当にすばらしい!このチームはこの海幕祭と札幌のYOSAKOIソーラン祭りでしかみることができない。なんともったいないのだろう。こんなチームが5~6チームできたら千葉のよさこいももっと注目を浴びるのになあ。

さて我らが舞ちはらは10番目の演舞だった。最初ステージ形式をやろうと思っていたのだが、せっかくの大きな会場なので直前に急遽パレード形式をやることに変更した。僕はMCとして少しでも目立とうと地方車の上に登ったのだが、これが失敗。眺めはいいんだが音楽がよく聞こえない。おかげで新しい口上はただ「もごもご」言ってるようになるし、かけ声はずれるしさんざんだった。それでも踊り子は精一杯踊ってくれた。笑顔も保てたしまずまずだろうか。

でも、結果上位3チームには入れなかった。くやしいがこれが今の僕らの実力。技術云々より、よさこいにかける想いからしてまだほかのチームに遠く及ばない。

午後からは幕張駅前の2カ所の会場を含めて3カ所で演舞を行った。5月とは思えないほど日差しが強くみんなばてばて。僕も声が出なくなりそうだった。最後の北口会場ではトリをつとめさせていただいたが時間があまったので乱舞を2曲も連続で踊り、ほんとに倒れるかと思った。

閉会式の時にさらに乱舞を2曲。600人でメッセで乱舞!楽しかったなあ。

他のチームのメンバーやマイミクさんにもほんとにたくさん会えた。2年ちょいよさこいやってきてこんなに友人が増えると思わなかった。

りえ蔵のショーヘイ君。少ししか話せなかったけどリアルに初めてあえてうれしかったよ。これからもよろしくね。

懇親会ではまつりっこさんとおどりっこさんが渾身の夫婦漫才(?)を披露してくれた。最高!

ちょいと飲み過ぎて、帰りの電車を乗り過ごし、奥さんが迎えにきて待っている最寄り駅を遙かに通り過ぎて茂原まで行ってしまった。さんざん待たされた奥さんはたいそうご立腹でした。ごめんなさい。

これがほんとに幕張の次は「茂原」ってことだよね。(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。