僕のガジェットシリーズ1

iPod 4G 20GB/アップルコンピューター

僕が毎日持ち歩いていいる電子デバイスを紹介するシリーズ。第一回はおなじみiPodだ。いまや猫も杓子もiPodであるが元からアップルファンであったぼくはずーっとほしいのを我慢していて、4G(第4世代)が発売になったときに購入した。その使い勝手たるやシンプルで、音質も十分満足のいくものであった。曲数もたくさん入るし(僕のCDコレクションをほとんど入れてもまだ入る)最近はPodcastingでラジオ的な使い方もできる。本体を買った後、ケース、リモコン、ドック、外部バッテリーケース、マイクと購入し周辺機器を充実させた。そのおかげで、宅建の講習に行ってたときは、このiPodをVoiceRecorder代わりにして講義を録音しておき、電車の中で聴いた。外部スピーカーをつけてよさこいの練習のときにラジカセ代わりに使った。カラオケボックスにもっていってマイクジャックにつないで、よさこいの掛け声の練習もできた。HDD代わりにもなるので、でかいデーターを入れて家から職場へ持っていったこともある。もちろん普通に音楽も聴けるので、いまの電車ライフにはなくてはならないガジェットである。ただいくつかの不満もある、操作はシンプルでいいのだが、たくさんの曲が入っていると、探し出すのが大変。検索機能はないのでホイールをまわしてブラウズするしかない。事前にプレイリストをiTuneで作って、シンクさせればいいのかもしれないが、急にあの曲がききたいなと思ったときはやっぱ大変。もうひとつの不満はシャッフル機能の偏り。シャッフルさせると同じアーティストの曲が連続または1曲おきに演奏されたりする。まあでも総合的にはすごいアイテムですな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。