ラス前演舞

月日の経つのは早いもので、YOSAKOI舞ちはらが今年の演舞「感謝感激あめあられ」を7月に船橋市民祭りでデビューさせてから、はや4ヶ月いよいよ明日が年内最後の公式イベントなった。一般のお客さんを前に踊るのはとりあえず一区切りとなるので、何となく感慨深い。

先週末の土曜日(11/19)から、僕は突然、原因不明の発熱と頭痛、下痢に襲われた。二日酔い以外で床に伏せる事などここしばらく無かったので驚いた。前日まで仕事が立て込んで忙しかった事や、10月初旬からずーっと続いていたイベントの疲れが出たのだろうか?何も食べず飲めず、でも練習にはどうしても行かなくちゃと這うようにしてコミセンへ。

立ち位置確認だけして終了。本当はその後、11月会があったのに行けなかった。残念。

翌日曜日(11/20)は千葉大教育学部付属特別支援学校のふよう祭でのイベントだった。はじめての御招待で体調もままならない僕は道にも迷ってやっとたどり着く。思った以上に盛大な学園祭だったが、ステージがとにかく小さかった。幸い(?)にも参加メンバーが少なめだった事もあり、何とか上で踊る決心をする。「感謝~」を踊っている途中で、ひとりの女の子がステージに上がってきて、センターできょとんとしている。僕は誰かとぶつからないかと、はらはらして見守るしかなかったが、女の子はしっかりと前を見て、時々曲にあわせて手足を振っていた。やがてお母さんらしき人が手を引いていったが、きっと僕らの演舞を楽しんでくれたんだよね。

ハプニングはあったけど3曲を踊りステージ終了。なかなか楽しかった。

夜は仲間と少々飲み会。僕はウーロン茶だったけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。