3チーム合同公開練習会in市原

f:id:motomac:20110529152118j:image:medium:right昨日はREDA舞神楽、CHIよREN北天魁、市立船橋高校吹奏楽部の3チームが市原の市民会館に集結し、来るべき札幌でのYOSAKOIソーラン祭りのための合同練習会を行った。本当は近隣の市民公園で開かれている震災地区支援のイベントでの演舞の予定であったが、台風の接近に伴う雨のため、急遽市民会館ステージでの演舞に変更になった。うちのチームはほぼ全員で乗り込んだ。

市船は圧倒的な人数と若さで見るものを圧倒する。さすがは昨年のファイナリストだ。一糸乱れぬ演舞は相当の練習をしたことがうかがわれる。お約束のリフトやのぼりさばきも盛り込まれ、盤石の安定感。背中に日の丸を背負い、「がんばれ日本!」「覚悟はあるか!」とテーマも明確。いいね。

昨年とがらっと変わったのが北天魁。3~4年前のまさに北天魁らしい、傘と羽織、たくさんの人数で、舞い踊る激しい振り付け。すばらしい。人数も一段と増えていいね。

舞神楽は先日のパレードは見ていたのだが、ステージは初お目見え。かっぱドドンパ屁の河童。そのフォーメーションの1ミリの狂いもない正確さ、表が緑で裏が赤という、計算された「水の隊」の衣装。踊り子が後ろを振り返るたびにステージの色があでやかに変わる。フィナーレは全員そろっての手踊りからのたすき投げ。まさに王道。すばらしい。

さすがだな。

しっかり勉強させていただきました。

ちはら台へ戻ってみっちり練習した。

僕らもがんばるぞ。人数は及ばないかもしれないが、僕らにしかできない演舞を作ろう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。