よさこい道

昨日(3/30)は四街道市でおこなわれた。「よさこい道」に参加した。

久しぶりのイベントで気合いだあ!と思っていたのだが、前日より欠席連絡がぞくぞくと入り、副代表をはじめ、旗士や若手男子まで欠席となり、オリジナル踊れるのか?!状態になってしまった。踊り子人数は23名。こりゃまともな演舞はできないなあ。

と、あきらめかけていたところ、メンバーみんなが自発的にポジションを変更しようということになり、本番直前までイトーヨーカドーの裏でカウントでフォーメーションをチェックした。欠席の旗士のかわりにぶっつけ本番で新人の若手踊り子に、フラフを持たせて、「適宜振ってくれ」(爆)と指示を出しておいた。でも、旗があるのとないのとではみんなの士気が全然違うことは木更津舞尊で学んだので、今日は何が何でも旗を揚げたかった。

次第に天気は悪化し、みぞれまじりの雨になったがみんなは最後までがんばった。舞ちはらの衣装はノースリーブのため、上着を脱いで出番を待っている時がもっともつらかったろう。即席のフォーメーション変更だったが、パレードもステージも思った以上にまとまっていた。

来週のちはら台のイベントを別にすれば衣装を着て紫炎を踊るのはこれが本当に最後かも。いい意味で優秀の美を飾れたかも。

リバティ元気組や四街道のみんなとは、本当に軽くしか話ができなくて残念。他のチームの演舞も遠目にちらちらと見るだけで、ゆっくりするには時間があまりにもなかった。

でも、楽しかった。たくさん刺激をうけたし、他のチームからもそしてなにより自分のチームのみんなからパワーをもらえたように思える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。