想いが感じられる瞬間。

明日は木更津舞尊。

今日は最後の練習だった。明日は参加できる人数が少なく、フォーメーションをもう一度組み直した。あなたはこっち、あなたはこっちなどとひとリづつ移動させる。膨大な作業でいらいらがつのる。そして組み直したフォーメーションで演舞を繰り返し練習する。

明日出れなくて、今日の練習から外された人たちが、脇で遊んでいるのを見て思わず声を荒げてしまった。「練習中だぞ!」

その後、チームに少し緊張感が出た。演舞に張りが出てきた。限られた練習時間の中で、ステージもパレードも何度も練習した。終了の時間になってもメンバーから「もう一度踊らせてほしい」と声が上がった。もう一度踊る。いいね。想いが感じられる。この調子。

たまたま見学にきていた人たちからも「スゴイですねえ~」との声が上がる。

明日につなぎたい。

他のチームと比べれば、技術的にはまだまだかもしれない。でも、自分たちで納得できる踊りをしよう。観客と自分たちが十分に楽しめる踊りをしよう。そう、僕らの想いを伝えよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。