代表者会議~今年1回目

大前春子さんは今日は剣道の達人であることがわかりましたね。。。。。ええ、「ハケンの品格」なんですけどなにか。

わかるひとはわかるかな。めったに連続ドラマなんか見ない私が、毎週なぜか見てしまうこのドラマ。日本の社会の縮図を描いているようでもあり、会社の矛盾点をあぶり出しているようにも見れるし、なかなか面白い。

これが、日本の会社の典型例ならばうちの職場はまだまだゆるいな。


さて、今日は今年1回目のちよれん代表者会議だった。久しぶりに各チームの面々がそろって現状報告などをした。やはりどのチームも「今年の曲」に取りかかって、完成間近なところもある。

うちは「基本は昨年と同じ」なので、なんか悔しい気がして仕方がない。オリジナルがなかった2年前に戻った気がする。

KANE氏の話はチーム財政の話とお祭りの話についてが多かった。うなずけることも多かったが首をかしげる話もあった。チームをもり立ていくためには会費を上げたり、メンバーを増やしたりして、財政的に安定させていくことが重要だと言うことには同意。

でも、主催者に資金のないお祭りに安易に参加するのは考えた方がいいという。ほいほい出かけていくことでお祭りの開催が安易になり、参加者の負担が増大し、結局は損をするそうだ。だけど資金が豊富なんてお祭りあるのかな。あんまり聞いたことない。あのyosakoiソーランまつりだって、収支決算は決して公開されないけど、一説には大赤字だと聞いたことがある。

会議のあとに舞粋風の代表ヒロボスさんと副代表さんとちょっと話した。みんな熱く今年の構想を語ってくれた。いいなあ。なんか話を聞いてるだけでこちらも元気もらえた感じがする。

ありがとう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。