生きる力

真夏の南房総、まほろば夢楽祭りで舞ちはらは2015年の新曲「生きる力」を初披露した。

構想から約8カ月、この曲には今までにはない思い入れを込めて作り上げてきた。

舞ちはらを昔から応援してくれた友人が重い病に倒れ、彼をなんとか励まそうとこの曲を作りはじめた。彼は舞ちはらの初期から、いつも「舞ちはらいいよ〜」と、僕らの写真をたくさん撮ってくれた。色々なイベント会場に足を運んでくれて、カメラを構えながらとびきりの笑顔で応援してくれた。そんな彼は今年3月に眠るように亡くなった。舞ちはらの新曲も見てもらうこともできなかった。

悲しみと悔しさがひとしきり通りすぎた時、ふと彼の声が頭に聞こえた。

「舞ちはらいいよ〜」

そうだ、僕はこの曲で彼を励まそうなんて思っていたけど、励まされていたのは僕だったんだ。演舞を作っていく中で困難や苦労もたくさんあった。年々仕事が忙しくなって、練習も休みがちになったけど、彼にがっかりされるような演舞はしたくない、そう思って努力してきた。

初めてのパレード演舞を踊る前、僕は天国の彼に言った。

「彼がいなかったら今の舞ちはらはなかったし、この演舞も出来なかったと思います。ありがとう。」

彼からもらった「生きる力」をたくさんの人に伝えていきたいと思う。