最後の振り落としと衣装

お久しぶりのブログです。

3-4月は僕にとっては最も忙しい時期。なかなかブログを書くのもままならんかった。

舞ちはらは新曲の準備の真っ最中。今日は衣装の納品と最後の振り落としがあった。
本当は先週に衣装は完成してるはずだったが、少々遅れて今日の納品となった。
サンプルは見ていたものの、実際に着てみて初めて雰囲気が実感できた。
さっそくその衣装でフォーメーションを確認してみる。
やっぱり衣装を着ての演舞は雰囲気がガラリと変わる。ワクワクする。
色具合を確認してから、サイズ調整のためにほとんどの衣装がもう一度衣装屋さんへ渡される。

そして、今日は振り付けの最終日。最後まで決まっていなかった「かまえ」のポーズや数カ所の振り付けの
変更などがおこなわれた。仕上げに最初から通して踊る。
「本気で踊ってください」
という、振付師の言葉に思わずみんなの気持ちが高ぶる。
声を出し、思い切り踊る。
振りを間違えたり、小道具を落としたり、かけ声がずれたり、まだまだやるべき課題はいーっぱいあるのは
よーくわかったが、めずらしく「ドS」の振付師からも、
「やればできるじゃん。」とお褒めの言葉をいただく。
「でもこれがスタートラインだよ。やっと人に見せられるレベルだね。ここから積み重ねて行かなくちゃ。」
ともいわれましたが…

まだまだ始まったばかりだ。いやいや始まってもいないな、誰にも見せてないし。
初お披露目まであまり時間はない。
必死にやるだけだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。