練習と情熱

先週末は仕事のため土曜日の練習には出られなかった。日曜日に外練習から合流する。

パレード練習を最初に見る。確かにきれいにまとまってきてる。多少の乱れやミスはあるけれど、ほとんど振りは全員入って、フォーメーションも固まったので不安なく見られるようにはなった。

が、しかしだ。

それがエンターテイメントとしておもしろいか?と問われると「?」疑問符がつく。なにが足らないのだろうか。

今村先生がブログの中でダンスの評価の基準はテクニック、ビジュアル、パッションで評価されると書いていた。

そうなんだ。僕らにはパッション「情熱」が不足している。どうも、踊りをこなしている感じが拭えない。

かまがやで思ったような結果を出せなかったのもそれが大きい。

場所を移して体育館でステージ練習を行ったが同じようなことを感じた。たまたま見に来てくれた振り付け師からも「昨年のような(熱い)取りたい感が見えない。」と言われた。

別にメンバーが手抜きで踊っているとは言わない

。しかし観客に伝わらなければ意味がない。

僕は演舞の間に繰り返しそのことをメンバーに語った。わかってもらえただろうか?

いよいよ10月からは審査ラッシュの秋の陣が始まる。まだまだ勝負はこれから。

20120918-011458.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。