おもいでぽろぽろ

今日は僕の姪の結婚式だった。

小さな頃から育つのを見ていたから、何となくもうお嫁に行くことがなかなか実感がわかなかったのだが、いざ当日になると本当なんだなあと実感させられた。

会場の細かいところに彼女の気配りがたくさん感じられた。テーブルのネームプレートの裏には全員へ手書きのメッセージが書かれていたし、テーブルの真ん中には2人が出会った思い出の場である、レゴで作られたサクラダファミリアが作ってあった。

おいしいお酒もたくさんいただいた。僕はたいして飲めないのだけれど酔っぱらっていい気分だった。

そうして披露宴のクライマックスに上映されたスライドの1枚になんと、20年前の僕の結婚式の写真が出てきた。小さかった彼女とその妹が写っていた。

思わず涙がこぼれた。いつも泣くのは奥さんの専売特許なんだけど、今日はたまらんかった。いくつもの結婚式に参列してきたけど、今回ほど感涙したのは初めてだった。

どうぞ末永くお幸せに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。