今年をふりかってみて

今日で2010年も終わる。毎年思うが1年の過ぎることのなんと早いことか。

今年は僕自身にとってはどんな年だっただろうか。

大きな進歩があったのは、もちろん舞ちはら。2004年からはじめて今年6年かかってはじめて、「ホカホカよさこい」でファイナリストになることができた。苦労して、苦しんで、なかなか望んでも望んでも届かなかったファイナルにやっと入ることができた。これ以上の喜びはない。年度の初めには、新しい曲の製作も気乗りがせず、遅れに遅れて、歌詞ができあがって完成~お披露目をしたのは10月になってからだった。鎌ヶ谷、木更津、小見川と思うような結果が出ずに、チームの雰囲気も意気消沈していた。「勝ち負け関係無しに楽しもうよ。」と臨んだホカよさで最高の結果を出せたのだからわからないものだ。

来年は2年間指導してくれた振り付け師~倉さんに別れを告げる。振り付けのみならず、よさこいに対する考え方、衣装、イベントの運営、千葉の現状についてなど、様々なことを教えてくれた。本人の希望もあってあまり公にはしてこなかったが、そんな倉さんの存在無しにはファイナルの進出もかなわなかった。改めて心から感謝したい。

仕事の面では大きな変化は少なかった。僕がつとめる大学生協も経営的に非常に厳しい時期にさしかかり、このままではいけないというかつてない危機感を抱えている。来年からは自分の店も含めて大仕事が待っている。きっとやりとげよう。

家族はみんな元気。それがなにより。息子は浪人もせずに大学に進み、娘はバイトとお笑いにはまり、奥さんは転職をした。

来年もいい年でありますように。


“今年をふりかってみて” への1件の返信

  1. あの振り…倉さんだったんですね♪
    ん~、納得(^^)
    ホカよさでは、本当におめでとうございました。
    来年のご活躍も楽しみにしています。
    よいお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。