よさこいチャリティーライブinふなばし

今日は船橋のよさこいチャリティーイベントを見に行った。北天魁や舞神楽の過去の踊りが見れることと、わが市原代表で飛翠迅が出演するので応援もかねて楽しみに見に行った。

開場の40分前に行ったのに、もう既に50人くらいの人たちが並んでいてちょっとびっくり。この回は2回公演の2回目だったのだが、聞けば1回目は立ち見が出るほど大入りだったらしい。入口で舞5の衣装のままチケットを売っていたTOMMYさんとちょっとお話「なんでもやるんですよ~」今回の運営は実行委員形式で、主に舞神楽の踊り子が中心になっているようだ。

中に入ると、まつりっこさんとおどりっこさんにお会いする。おどりっこさんとは久しぶり。ちばよさのTシャツきてますねえ。実は僕も着てきた(笑)とみ~さんにもごあいさつ。昨日のイベントとそのあとのフラフ講習のお礼をした。

オープニングは南中ソーラン。わりとオーソドックスな南中だったがぴしっとそろってかっこいい。

そのあと、民謡歌手の香澄さんのライブがあった。昨年の舞5の歌を歌っているそうだが、それ以外にも30チームものよさこいの曲を歌っているそうだ。北海盆歌やソーラン節、ドリカムの歌なんかも披露していたが、素晴らしかったのは「江差追分」。鎮魂歌だそうだが北の海の情景が浮かんできそうだった。

ぼくはよさこいにかかわるまでは、民謡には全くと言っていいほど興味がなかったが、この香澄さんといい、北天魁の吉田昌紀子さんにしても民謡界にもすばらしい歌手と楽曲があることを知った。もう少し勉強しよう。

その後いよいよ、よさこいの演舞。

最初は「北天魁2001」でも踊るのは舞神楽のメンバー。千葉から初めてYOSAKOIソーラン祭りに参加した記念すべき曲。衣装は今の物よりすごいシンプル。振付けも曲も、よさこいというよりはジャズダンスのようだね。

そして、「北天魁2004」僕はこの踊り大好き。旗ふり隊4人娘が前で踊る。おっ!いい子さんだ。曲もPOPではじける感じ。衣装はどこかエスニック。あっでも後ろのグループ以前は白い着物が衣装だったけどきょうは北5の衣装だな。そうそう以前北天魁の練習を見学しに行ったとき(その時はすでに2005の練習をしていたが)僕のためだけにこの踊りを北天魁の皆さんが踊ってくれたことがある。涙でそうになったなあ。その時さらによさこいへの想いが強くなったのは間違いない。そんな思い出深い曲だった。

次は「飛翠迅2005」。何度も見ている「新世界」だけど見るたびにすこしづつ進化しているのがすごい。今日は特に小さな子供たちが、中盤前面で踊り、観客から拍手喝采を浴びていた。

つづいて「舞神楽2004」。この演舞は何度見てもすばらしい。力強いし舞台を目一杯使って踊る。上下の動きもあって踊りが立体的だ。たすきをぱーっと空に投げるのも華やかだ。千葉YOSAKOI2004で初めて見たときは、ほんとに感動したことを思い出す。

そして、「POWER」の講習会があり、旗士団のパフォーマンス。とみ~さんやっぱすごい。旗がまるで生き物のように場内を舞う。観客の頭すれすれに旗が舞って歓声が上がった。

そして「北天魁2005」と「舞神楽2005」。まあ円熟の踊りとでも言いますか。どちらも迫力満点。北5はついついいっしょに歌っちゃうなあ「手にす~るな~るこは、力の源~」いい歌だなあ。舞5はTOMMYさんがどこで踊ってるかやっと発見。

それで最後は乱舞。「よさこい島」と「どっこいしょ」。じっとしておれず思わず、席を飛び出して通路でみんなと踊ってしまった。おどりっこさんと隣で、いい子さんと目があってにっこり。お客さんも手拍子。楽しかった!よさこいって本当に素晴らしい。続けててよかった。

でも、まだまだ僕らもステージで踊らなきゃ。もうすぐだぞガンバロウ。

帰りにロビーで飛翠迅の代表と話していたら、見たことないおばちゃんに「踊り上手だったよ。本当にすてきだったよ。」と声をかけられびっくりした。さっきの総乱舞で踊っている僕をみてそういってくれたようだ。うれし~。自分が楽しく踊れると他人にも伝わるのかなあ。

感慨にふけったり、新しい発見をしたり、明日へのエネルギーをもらったり、本当に自分にとって有意義なイベントだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。