ひさびさのイベント

今日はひさびさのよさこいのイベントでした。

楽しかった!

演舞前のんびりかまえてたら、「舞ちはらさん出番ですよ」と急にいわれて焦って、フォーメーションの最終確認もそこそこに、ストレッチもせずに会場へ出て行った。そしたらなんと演舞するはずのステージ上にまだ演台が鎮座している。あら?なんか段取りおかしいなあと嫌な予感はしたけど、案の定最初の曲の音が小さすぎて聞こえない。思わず「音楽大きくして!」とマイクで言ってしまった。でもひとたび踊り始めれば楽しかった。

踊ったのは、「南中ソーラン」と「よさこい島」。そのあと時間が余ったのか司会の方の誘導で「アンコールはいかがですか~お客さん!」となり、あわてて音源を用意して「どっこいしょ」を踊った。

ここで飛翠迅のみんなや旗士団のとみ~さんも飛び入りで一緒に踊ってくれた。ちょっと自分が楽しみすぎたかな?でも、まず自分が楽しまなきゃお客さんは楽しくないよね。

でも、観客の前で踊るってことは、すばらしいね。その笑顔や歓声、拍手をしてもらうことでものすごいパワーをもらった。練習ばかりでは得られない精神的な支え、喜びを得ることができる。だからこそ踊り続けることができるんだろうな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。