YOSAKOIソーラン祭りで感じたこと

2年ぶりに札幌のYOSAKOIソーラン祭りを見に行った。

今年は初日からどしゃ降りの雨だった。僕が見た中ではおそらく

最もひどい天気だ。気温も15,6度と低く、踊り子はすべるステージで何度も転倒していたし、濡れた衣装は重く冷たく踊りにくいだろう。

にも、かかわらず、どのチームも実に元気だった。雨の中で見ているお客さんに笑顔を振りまき、決して手を抜いていなかった。縁の踊り子なんか水たまりで泳いでたしww

すごいな。これがYOSAKOIの本当の魅力なのかもしれない。苦しいときでも決してあきらめない。むしろ困難を楽しんでしまう。これは、生き方に通ずるな。

充実した2日間だった。

寂しさと苦しさと

今年の舞ちはらの活動は昨日のミーティングをもっておしまい。

最後に今年の反省と来年に向けての気持ちをメンバー一人ひとりが話しをした。

振付師が変わって戸惑ったこと、絶対について行けないと思った振り付け、でもいつしか形になっていったこと。

せっかく覚えたのに変更に次ぐ変更でつらかったこと、でも最終的にはおみがわでファイナルに残って結果を残せたこと。

数年ぶりにチームに復帰した者、シーズン途中から加わった者、昨年までよさこいのよの字も知らなかったのにいまや主力で踊る者、他のチームで踊っていたけど、数年越しに舞ちはらにあこがれ、今年晴れて踊れることになった者。

聞いていて、胸熱くなる話しばかりだった。

そして、さまざまな理由でチームを去ることになったメンバー達。本当にさびしく悲しい。でも、それが自分の選んだ道なら応援したい。これまでありがとう。

いま、自分自身も仕事上の都合でよさこいを続けるかどうか悩む日々なのだが、メンバーの熱い気持ちを聞いていると、まだまだ続けていきたい。

よさこいが好きだから。舞ちはらが好きだから。なんとか続けたい。

いや、舞ちはらはかならず続く。メンバーの熱い思いが続くかぎり、応援してくれる人の希望があるかぎり、おどり続けるんだ。

中年ライダーさんのお通夜

昨夜はライダーさんのお通夜に出かけてきた。

会場に着いてすぐに、ライダーさんのお顔を見せていただいた。

まるで眠っているかのような安らかな顔。いつも着ていた普段着で、好きだったセブンスターが一緒にお棺に入れてあった。

お姉さんのお話だと、前日まで食事も普通にとってそれまでとあまり変わらぬ様子だったそうだ。だが翌日起こしに行くと布団の中で冷たくなっていたそうだ。苦しまなかったのが救いなのだろうか。亡くなる前日、突然お母さんへ電話があったそうだ。大した用事もなかったようだが、なにかを悟っていたのだろうか。

ぼくは舞ちはらのDVDを月曜日にライダーさんに送ったばかりだった。木曜日に逝ってしまったライダーさんに果たして見てもらえたのか気がかりだった。お姉さんに伺ってみると「そういえば届いた封筒を渡したけど、ずっと見て、聞いてましたよ」とのことだった。よかった。舞ちはらの10周年記念イベントは見てもらえたようだ。楽しんでもらえたかな。

ライダーさんは不治の病と闘い、徐々に体の動きが奪われていっても、悲観して自暴自棄になったり、落ち込んだりせず、笑顔を忘れなかったそうだ。僕だったら果たしてどうなるだろう。

かつて、ライダーさんからたくさんCDに入った写真をもらった。でも、結局なにもお返しができなかったと、同じ想いのなっちゃんパパと一緒に悔しがった。

この日にあつまったよさこい仲間で、一周忌には、あのみんなが出会うきっかけとなった「伝説の」東金の桜の下でもう一度踊ろうということになった。あのイベントは2007年だったから、もう8年経ったのか。

さようなら。ライダーさん。ありがとう。

今度は空の上から見ていてね。

ファイル 2015 03 29 23 51 38

新曲がスタート

前回のブログの更新がいつだったか忘れてしまうくらいひさしぶりです。

この期間に舞ちはらの10周年記念イベントも無事終了した。500人ものお客様が来場してくださり、お花やプレゼントもたくさんいただいた。たくさんの方に愛されている舞ちはらは本当に幸せです。

でも、それと同時に、これからの舞ちはらに大きな期待を寄せられていることも感じた。僕らはその期待を超えることができるのだろうか?不安とプレッシャーでいっぱいだ。

そして、今日いよいよ2015年の新曲の振り落としがスタートした。楽曲はまだカラオケバージョンで仮の歌詞のままでとりあえず進める。5年目となる勝くんの気合の入った振り付けに、ブランクで緩んでいたメンバーの気持ちも上がり始める。

僕の今年の演舞曲への思いは、今までとは少し違う。正直、ウケを狙っていた昨年の曲などとは違い、自分の今の本当の気持ちをテーマや歌詞に込めた。他のチームからの影響やプライベートな出来事もこの曲のヒントになっている。

先ほど歌詞を書き上げた。

きっといい曲になると思う。いや、いい曲にしなくちゃ。乞うご期待!

IMG 0981

おみがわYOSAKOI2014

今年で9回目の参加となるおみがわよさこい。何度来ても僕はこの静かな街が大好きだ。

ただ今年は、おそらく予算の都合上と思われるが、メインステージが平場での演舞となってしまったのがちょっぴり残念。

舞ちはらとしてはけっこう早起きして8時に現地集合したのだが、もうすでに何チームか練習をしておりびっくり。敷地に斜めに区切られたステージを場当たりし、ストレッチ、通し練習、かけ声練習、などなど準備を淡々と進めるが、朝が早いこともあってどうも気持ちが乗ってこない。

最初のステージ演舞の時には、恒例の円陣を組むことも忘れ、飛び出してしまった。そのまま力一杯演舞したはずだが、MCはカミカミだし、列はぐちゃぐちゃだし、声は出てないし、落とし物はいっぱいあるし、何ともすっきりしない1本目となってしまった。

「このままでは大賞はおろかファイナルにも残れないぞ!」と全員で気合いを入れ直して、駅前通りのパレードに向かう。誘導してくれた和気藹藹の踊り子さんがフェイスブックで友達だったことを聞いてびっくり(^^)/

パレード演舞は隊列もそろい、声も聞こえるようになって、徐々に調子が出てきた。振付師の勝君も演舞をみてくれてアドバイスをくれる。

そして、いよいよ審査パレード演舞。毎年このおみがわの審査演舞ではさまざまなドラマがあった。今年一年の思い出も頭をよぎる。でもここは集中だ。ゆっくりとMCをスタートさせる。曲が始まり踊り子が動き出す。遠目に見てもきれいにそろっている。最初のかけ声「セイッハ!」も90m先からよく聞こえてくる。よおしいくぞ!僕らは今年一年の全てを出して踊った。力の限り叫んだ。大きなミスもなく隊列もきれいだった。手応えは十分だった。

ファイナルの結果待ちの間に、他のチームの演舞を見た。維新さんの演舞は、見ているうちに思わず口ずさんで歌ってしまう。最後には胸にグッとくるものがあって涙が出そうになる。振り付けの元先生にその事を話すと「歳だからだよ(笑)」とからかわれたが(^_^;) 黒潮美遊さんはどんどん演舞が進化していて、切れ切れの振り付けと複雑な動きのフォーメーションで少ない人数が2倍にも3倍にも見える。圧巻だった。

いよいよファイナル進出チームの発表となる。祈るような気持ちの中。まず最初のチームで「YOSAKOI舞ちはら!」と名前を呼ばれる。ホッとする間もなく抽選でファイナル1番目の演舞となった。バックステージでメンバー全員輪になって手をつなぎ、気合いを入れるために叫んだ。「夢を叶えるぞ!いくぞ、We are 舞ちはら!」

満員の観客の前に飛び出して行くメンバー。心は一つだった。曲が始まり、僕は心のそこから思いを込めてMCをスタートさせた。ファイナル演舞は素晴らしいできだった。メンバーの気持ちが伝わってくるようで、声も出ていたし、表情も豊かだった。落とし物もほとんどなし。大きなミスもなかった。僕も自分の持てる力を全部出し切った。演舞が終わって引き上げてからしばらくは呼吸が苦しく立っているのもやっとだった。やれることはやった。後は結果を待つだけだ。

 

すべてのファイナル演舞が終わり、結果発表の時間がきた。最初に準大賞2チームが呼ばれる。利ゑ蔵さんと維新さんだった。そして、大賞は黒潮美遊さんだった。僕らはその次に名前を呼ばれた。千葉県観光物産協会長賞(第4位)だった。ステージからメンバーがくやしくて泣いているのが見えた。

僕は不思議にあまり悔しさはなかった。上位3チームの演舞は本当に素晴らしかったし、僕らの演舞も自分達の持てる力を出し切ったからだ。これが実力の差だ。

 

今年はまだもうひとつ、黒潮よさこいという大きなステージが待っている。まだまだ終わっていない。進化しよう。

IMG 0441

 

おみがわよさこいのスタッフの方々と和気靄靄の皆さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。