縁の終わり

先日の日曜日11/17は市原市市制50周年記念式典が市原市市民会館大ホールにて開催され、舞ちはらと飛翠迅さんがその式典のオープニングアクトとして招かれ、演舞を披露した。

僕らにとっては、最後の「縁」だ。

4月から踊り続けてきたこの曲も、観客の前で披露するのはおそらくこの日が最後となる。この演舞を最後に受験のためにチームを去るメンバーもいた。様々な思いを込めて僕らは最後のステージへ向かった。

驚いたことに、僕らのたった一度の為に、いつも応援に来てくれる舞ちはらの友人達が、たくさん見に来てくれた。遠くは神栖から、埼玉から、何時間もかけて僕らの1回だけの演舞を見に来てくれたのだ。もうそれだけで胸が熱くなってしまった。なんて僕らは幸せなんだろう。みんなの期待に応えられるように、たった一度の演舞を僕らは心を込めてしっかり踊った。

今年は演舞のお披露目が早かった。4月にはもうお披露目したけど、途中大きく演舞が改造され、夏には新しい踊りのようになった。天候にも恵まれず、なんども踊れないことがあった。今年は近年でもっとも踊った回数が少なかったのではないか?

メンバーを失うという悲しい出来事もあった。

大きな賞もいただいた。また、賞を逃して悔しい思いをしたこともあった。

長いようで短い1年が終わった。

今年のテーマは「縁」だったが、まさしくこの曲を通じてまた少しよさこいの縁が広がった。


“縁の終わり” への2件の返信

  1. こんにちは(^ ^)!
    その日は舞謳歌はイベントで
    行けなくて本当に残念です…
    今までも舞ちはらさんのイベント
    行けるチャンスはあったはずなのに
    なかなか勇気も出せず…(°_°)

    けれどもう、鎌ヶ谷をきっかけに
    舞ちはらさんにはお知り合いがたくさん♪
    まさに、『縁』ですね(*´∇`*)!

    ちびっこちゃんたちも
    私と仲良くしてくれて嬉しかったです♪

    来年もどうぞ、よろしくお願いします!
    来年こそは、舞ちはらさんの
    イベント応援しに行かせてください*\(^o^)/*

    1. ちひろさん

      コメントありがとうございます。
      僕も舞謳歌さんの演舞をもっとたくさん見たかったです。
      毎回遠目で見ることが多く、じっくり見られたのはぶっちゃけですね。
      いつ見ても新鮮でアイデアが豊富で楽しい演舞でした。
      よさこいの新しい形を築いてるなとすごく勉強にもなりました。

      来年の新演舞もとっても期待しています。
      これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。