胸がときめくとき

f:id:motomac:20120325235848p:image:medium:left

ワクワクする、おもわずどきっとする瞬間。

そんな瞬間は、よさこいやってて良かったと思う。

今日はチームの練習を見ていて思わず、そんなときめきを感じた。

新曲を作っていく段階では年に何度かあるのだ。

今日は曲の一番最後のパートが振り落としがあった。いわゆる「サビ」の部分だ。

ほぼ僕の想像通りの盛り上がり、メンバーの歌と叫び、最後の決め。

曲が終わったときには鳥肌が立つように感じた。メンバーからは思わず拍手と歓声が上がる。

とはいうものの、曲の中盤の振付はまだできていないし、フォーメーションも決まっていない。完成まではほど遠いが、すこしづつ曲の全体像が見えてきた。

今年の曲のテーマは「笑う門には福来たる」だ。

昨年起きた東日本大震災で被災してしまった人たちへの応援の気持ちを込めて作った曲だ。

いま僕にできることは何だろうと考えて、悩んで、苦しんで書いた歌詞だ。

震災とその復興、原発の問題などでともすれば暗くなりがちなこの時代で、僕らの演舞を見てくれる時だけでも「笑顔」になってくれればいいなと思って作った。

完成したあかつきにはできるだけたくさんの人に見て欲しい。

f:id:motomac:20120325235844p:image:medium:left


“胸がときめくとき” への2件の返信

  1. お久しぶりです。
    読んでいて、わくわくしました。
    「笑う門には福来たる」・・・とっても楽しみにしています♪♪

  2. タンポポさん>
    コメントありがとうございます。まだまだ完成にはほど遠いのですが、頑張ります。舞神楽さんの新曲も楽しみでーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。