僕らにできること

東北東日本大震災が起きてから今日で6日目。

電力不足による輪番停電の実施に伴って、電車の本数は大幅に削減されている。通勤の方法も、停電の時間によって、毎日違う。今は朝起きると、今日はどの路線が動いていて、どうやってたどり着けるかをパズルを解くかのように考えるのが日課になった。

ガソリンスタンドでは給油を待つ車が長い列を作っている。ガソリンはそんなに不足しているわけではないのに、不安が不安をあおる。スーパーやコンビニではおにぎりやパン、カップラーメン、飲料水、乾電池、トイレットペーパーといったものがあっという間に売り切れてしまう。そんなに必要なはずがないのに。

「日本人は暴動や略奪もなく、礼儀正しい行動をしている」と外国のメディアに賞賛されたばかりなのに、これではいけない。

今こそ「助け合い、譲り合う」ことが求められている。自分さえよければ、自分さえ助かればいい。などというヒステリックな行動は慎もう。かっこ悪いぜ!

でも、混み合うバスの中で、立っている人の荷物を座っている人が持ってあげたり。大混雑している駅できちんと並んで入場したり、まだまだ大丈夫。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。