佐野元春トークイベント in Apple Store,Ginza

f:id:motomac:20110202184655j:image

今日は仕事をちょっと早めに切り上げて、AppleStore,Ginzaへ向かった。久しぶりにアルバム「月と専制君主」をリリースした佐野元春のトークイベントに参加するためだ。デビュー30周年の記念アルバムなのだが、ファンも当然年齢層が高め(笑)。イベントを待つ列には、あなたどっちかとっていうとヨン様のファンじゃないの?と思えるような奥様方もたくさん。

超舞員の会場に佐野さんはやってきた。相変わらずきゃしゃでクールでかっこいい。まあ歳はとったな~。

今回のアルバムの解説やビデオクリップの紹介などインタビューに答えるかたちで、興味深い話をたくさん聞く事ができた。「ヤングブラッド」はなんとバンドメンバーが一緒に演奏しての一発取りだったそうだ。

観客とのQ&Aのコーナーではひとつひとつの質問に実にていねいに答えてくれた。

・実際にもっとメジャーな曲を集めてセルフカバーしようというアイデアもあった。

・バンドでも録音をしたけども、どうしても出来が気に入らなくてアウトテイクになってしまった曲は「レインボーインマイソウル」である。

・週に1~2回1000mくらい泳ぐ。入浴の時にバスタブに足をかけて腹筋を右、左、真ん中角50回づつくらいする。

・創作活動に疲れ、「やさぐれた」時もある4年間・2年間アルバムが出なかったことも。

・佐野元春のすべての音楽、映像、文章をすべてデジタル化して残そうというプロジェクトがある。まだ全く手をつけていないけど。

・コヨーテバンドとの30周年アニバーサリーツアー2のライブアルバムがiTunesStore限定で発売予定。

・悲しい気持ちを悲しいままに分かち合うのは好きではない。悲しいことも形を変えて表現したい。

・音楽では楽しい事をつたえたい。

・3/13のコンサートがおわったらしばらく休んで、「新しいアルバム」のプロジェクトを立ち上げたい。

・「雪」は手塚治虫のブッタにインスパイアされて作った曲。

etc

実に楽しい2時間だった。30年間ファンでいて良かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。