自分を客観的に見直す

7月も数日過ぎた。梅雨明け宣言はまだないけれど、もう真夏のように蒸し暑い。

先週からブログがとぎれてしまったが、今週は仕事が忙しかったのに加えて、新しい事をいくつかはじめた。そのために帰宅後はへとへと。いつもはマックをいじってmixiやブログをチェックするのだがそれさえもできなかった。

僕は今45歳。見た目にはそう見えないとよく言われるが、いいおじさんである。でも自分の人生を振り返ってみても、どうも納得のいかないことばかりである。

・僕はしっかり勉強してきただろうか?

・人に胸を張れる仕事の技量を持っているだろうか?

・老後も安心して生活できる経済的な計画があるだろうか?

・健康に気を配り、歳を重ねても家族に迷惑をかけずに生きていけるだけの努力をしているか?

・これから社会に対して貢献していけるのだろうか?

どの問いに対しても、胸を張ってYESといえない自分がなさけない。今までにも、上のような自問自答をしなかったわけではない。でもそのたびに「またいつかでいいや」と逃げてばかりいたように思える。今この年になって、勉強をはじめます、なんて言っても遅すぎるのかもしれない。でも、何もせずにたとえば10年後自分が55歳になってしまったらもっと後悔するだろう。

だから、できることから少しづつはじめていこう。

きっかけはダイエットを始めようと思ったことだけど、体を改造するとともに中身も鍛えていこう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。